電力会社は選ぶ時代

電力自由化により、これまでは選べなかった電力会社を選べるようになりました。
10年以上前から自由化されていた高圧契約での電力会社の切り替えは常識となり、多くの法人様が電力会社の切り替えにより電気代を見直しています。

「電力自由化」とは

これまで電気は、各地域の電力会社(東京電力、中国電力等)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。2016年(平成28年)4月1日より、電気の小売業への参入が全面自由化されることにより、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになるのです。

電気料金削減のポイント

契約を切り替えるだけで
電気料金は削減できます。
電力会社の料金は2部料金制です。
電気の使用量に係わらず、契約電力(kW)により決定される「基本料金」と、電気の使用量(kWh)により決定される「従量料金」があります。契約電力に対して電気の使用量が少ない(=負荷率が低い)お客さまは、電気料金に占める基本料金の割合が高くなり、1kWhあたりの電気料金が割高になる場合が多くあります。
「1kWhあたりの電気料金」を安く供給できるかどうかが重要なポイントです。

電力会社は選ぶ時代へ!

電力の自由化によって、多様な電気料金メニューから、お客様のライフスタイルに合った電力会社を選べるようになりました。

当社では、電力契約の見直しによる電気料金削減の提案をしております。

 

ご契約のポイント1

電気の品質はそのままに電気料金を削減します。現状の電気供給事業者から契約を切り替えても、送電網などは既存の電力会社のものを引き続き利用しますので、電気の信頼性や品質はこれまでと変わりなくご利用頂けます。

ご契約のポイント2

初期投資等、お客さまの費用負担はありません。
新電力事業者(当社)への切り替えにあたって設備投資や初期投資などのお客さま負担は原則必要ありません。メーター交換等、工事が必要な場合でも工事費や調査費は管轄電力会社が負担します。

ご契約のポイント3

電気料金は弊社からご請求します。
月々の電気使用料金のご請求は、新電力事業者(当社)からとなります。また、管轄の電力会社への託送料金は、送電サービス料、電気補給料金ともに新電力事業者(当社)から行います。

ご契約のポイント4

金額的メリットの確保とお支払い条件の違い。
従来の電力会社が値下げを行った場合は新電力事業者(当社)も値下げの追随を行い、お客さまのメリットを確保できるよう努力いたします。あた、計測期間・料金支払い日につきましては既存の電力会社と異なる事があります。

ご契約からご利用開始までの主な流れ